金・清潔感→女→金

ブログタイトルについて

手取りが12万というのはほとんど事実である。ただし単位が日本円であるかどうかは知らない。

 

逆襲というのは、国家に対してとか、会社に対してとか、そういうんじゃないのであしからず。これまで20年あまりに亘って怠惰な生活を続けてきた自分自身に対する戒めである。

 

具体的には、金との向き合い方。女との付き合い方。そしてじぶんの健康(体型)維持への無知を反省し、ここから盛り返していこうということである。

 

三か年計画

記事タイトルに掲げたとおり、逆襲への道筋の三本柱たるは、金・清潔感(健康・体型)・女である。

 

しかし、これには順序があるので注意せねばならない。

ぼくが私淑してやまないサウザー氏のブログによれば、氏は金→女→金の順序でじぶんを磨いていったとのことである。

 

よってぼくも、その順序を大いに参考にしこうと決意した次第。

 

およそ、ひとつのセクションにかかる期間は一年だろうと目論んでいる。

短期で儲けようとすれば、それはギャンブルである。

短期でダイエットを試みたところで、同時に筋肉をも喪失し、結句痩せにくく太りやすいヒョロガリとなってしまってはしょうがない。

 

時間を味方につけ、焦らずに煮詰めてゆこうではないか。

 

問題は金であろうか

三つの柱の中で、難題は金であろうかと思う。

 

某、ルックスに関しては自分で言うのもなんだが少なくともブサメンではないと自負している。

 

また体型に関しては、いまはまだややポチャのどうしようもない奴であるが、最近、マクロ栄養管理なる方法を知ってからは、ゆっくりと着実に筋肉量を維持しつつ体脂肪を減らしてきていると実感している。

 

問題は金である。

なにせ、手取りは12万である。(単位は日本円かどうかは知らない)

社宅に住んでいるので家賃はかからず、余裕で黒字経営ではあるのだが、やはり貯蓄はなかなか形成されていかないのが悩ましいところである。

 

また生業的にバイトなどの副業ができるわけでもない。

つまり収入アップは見込めないのである。

 

なんとなれば、残された方策は二つである。

①支出を減らす

②資産運用によって増やす(投資とか株とか言うと副業っぽくて、うるさくわめく大人たちが多いので禁句)

 

①に関しては、それなりに努力しているので行きつくところまで行きついてしまった感はある。が、それは日々月々の固定費についてであって、家・車・結婚などの特別支出をいかに減らすということに関しては、まだまだ検討の余地が残されていよう。

 

日々月々せっかく倹約に励んできたのに、年収に見合わぬ車をローンで買って、家計を困窮させるようなことがあっては、せっかくの努力も水泡に帰すというものである。

だから、支出を減らすポイントは、月々の固定費は勿論のこと、何年かに一度おとずれる「大きな買い物」をいかに攻略するかにかかっている。ここを攻略すれば、年収400万のサラリーマンとだって互角、いやそれ以上に戦えると睨んでいるのである。

 

なんだか、長くなって疲れたので、②の資産運用に関しては後日あらためて筆を起こすことにする。

 

擱筆