ダイエット初心者に捧ぐ

筋トレ&食事制限を始めて約20日が経過

 7月16日からはじめた筋トレ&食事制限が3週間を経過したので、今日はこれまでの成果とスランプ時のマインドセットについて報告します。

f:id:takahashi2:20170809141600p:plain

 

体重は70kgから68.9kgになりました。3週間でマイナス1.1kg。数字だけを見るとそうでもないように思えるが、見た目には明らかな変化があらわれている。

 顔のむくみ、腹回り、胸の贅肉がスッキリしてきたと感じる。

 また服を着る際にも、以前にはピチピチであったシャツが少し楽に羽織れるようになってきた。これはとても嬉しい変化だ。

 

スピードは遅くとも確実に絞れている

今回のボディメイクはぼくにとって特別。それはマクロ管理法と筋トレを導入したから。

 →マクロ管理法についてはこちら

 これまでにもダイエットに挑戦し、少しばかりの体重減少に成功したことはあったが、ことごとくリバウンドしてきた。

 

 だが、このマクロ管理法は、じぶんの体型を管理するということはどういうことかを根本的に理解するところからはじまる。2週間でマイナス7kgなどと謳っている巷間で話題のダイエット法がいかに無意味であるかということを教えてくれる。

 

もし、置き換えダイエットや過激な糖質制限ダイエットで短期間のうちに成果を出せても、筋肉が減少し水分が抜けただけのガリデブになってしまってはしょうがない。

 

確実にイケてる方向にボディメイクしていくには、いまの自分の体型を考えれば最低でも1年は見なければならないと思う。

 

 だけど、これまでのじぶんの堕落した生活を省みるとき、短期間に理想の体型を手にするなどもってのほか。

 

確実な方法論に基づき、着実に成果を出していく。それしかない。

 

数字に一喜一憂しないこと

f:id:takahashi2:20170809141600p:plain

 

3週間でマイナス1.1kgに成功したとはいえ、実は最初の1週間くらいで0.8kgくらいは痩せた。だが、そこからなぜか体重が減少しない期間が続く。ちょっとしたスランプに入ってしまったのかとも思った。

このスランプといえるかわからない現象の原因をネットで調べてみるに、2つの解決策にたどりつく。

 

 ①脂肪よりも筋肉のほうが重い。脂肪質の高燃費から筋肉質の低燃費へと少しずつ変化しているところであり、はじめのうちは数字に惑わされないこと

 

 ②摂取カロリーが少なすぎる場合がある。体が飢餓状態となり、少ないエネルギーでもなんとか生命を保とうと必死になる。もう少し摂取カロリーを増やすこと

 

 上のグラフを見ればわかるように、ぼくは当初目標摂取カロリーを1600kcalに設定しており、それを毎日下回るようにしていたから日によっては1500kcalを切ることさえあった。

これでは体が飢餓状態となり脂肪を溜め込もうとしてしまっているのではないかと考えた。

そこで7月27日から目標摂取カロリーを1800kcalとし、実際は1750前後に落ち着くように努めた。

 

ともあれ、①で言っているように、まだまだ始めたばかり。まさにこれから体質の変化が起きようとしているのだから、数字に囚われるのは馬鹿馬鹿しい。

筋肉は脂肪より重く、また体内の水分量によって簡単に1,2kg上下することもある。

 

そんなこんなで、開始から3週間目に入ったあたりから再び体重は減少に転じていった。そして不思議なことに、3週間での体重増減の波はあれど、見た目のスッキリ具合は全期間を通じて、一貫して良い方向に向かっていた。

1週間ほど69.3kg付近を彷徨っていた間にも、ぼくの体の脂肪は着実に燃焼されていた。

 

だから、数字に一喜一憂しないことが大事だと思う。

ちゃんと筋トレと食事制限をしていれば、数字はともかく、体内の脂肪は減り、筋肉は肥大へと向かっている。

 

 

来月の今頃にはもっとシェイプアップした自分がいることを楽しみに、筋トレ&食事制限を楽しく継続していきたい。

 

広告を非表示にする