自分なりの戦略を練るということ

f:id:takahashi2:20171115181601j:plain

 

大都会の幻

 環境を言い訳にしてはいけないのはもっともである。常に主体的に行動し、それなりの成果を上げていきたいと自分も思っている。

 しかしながら、界隈にあふれる情報をすべて鵜呑みにしたとして、自分に一体どれだけの恩恵があるだろうか。あれらはそのほとんどが、東京・大阪といった超大都会での出来事だ。1億2000万ものひとがいれば、そりゃ何百人かはそういう人もいるよねという話だ。

 経営者か勤め人か、はたまた大学生か。ガチ非モテ出身か、元モテか、モテの暇つぶしか。それによってナンパに割ける時間的・金銭的コストも異なる。熱意も異なる。

 

 さらに、ネット上の情報は往々にして虚像であり、脚色であり、ある限られた環境下における事例であったり、ポジショントークであることも多い。

※その反対に、普遍的な心構えやテクノロジーを説いてくださる諸氏・ブログも多い

 

 ネット上の情報を鵜呑みにしてはいけないとは、なにもナンパに限ったことではなく、あの有名な

うそはうそであると見抜ける人でないと(掲示板を使うのは)難しい

との言葉もあるように、ネットを利用する者の普遍的なリテラシーなのだろう。

 

自分にとってのナンパの位置づけとはなんだろう?

 じぶんの人生におけるナンパの位置付けについて、当初から定めていなかったし、今も定まっているとは言い難い。

 可愛い女の子を抱けたら人生楽しそうだなとの思いがスタートだった。

 最初はダイエット・筋トレ・オナ禁をゆるく始めた。開始して一ヶ月ほどでそれなりの減量に成功したので、そろそろ街に出てみようかとなった。

 結果としては、ダイエットは三ヶ月で約6kgの減量に成功。女の子は2ヶ月で4人抱けた。(長年の非モテ生活からすればだいぶがんばったのだ)

 しかしながら、時間・お金という限られたリソースをどのくらい割くことを許容できるのか、明確に定めてはいなかった。

ゆえにこの2ヶ月間は採算度外視でアポにお金を遣ってきたし、本業の方もかなり疎かになった。

 また、なにより辛かったのは人間関係を蔑ろにしてしまったことだ。

それは街で出会う女の子に対してだけではない。一緒に合流した男性もそう。

そして、同僚に対しても「非モテのお前らと俺はちがうぜ」みたいな態度が滲み出ていたためか、相手にされないような孤独感に苛まれる。

ぼくの生業柄、一生をともに戦っていく同志のような存在である。無下にすることなんてできない。 ぼくの生きている場所は、都会のコンクリートジャングルとは違うんだってことは認識する必要があるかもしれない。

 

 ここにきて漠然と感じていることは、ずっと続けていくことは出来ないなということ。本業の方で輝く男になりたいし、そのころにはいわゆるステナンだけで供給が間に合う状況になっていたいと思っている。

 

 即!即!というようなあの光景は大都会の幻なのかもしれない。仕事と同性との人間関係でも輝きながら、中・長期的な女の子を3~4人確保する生活を目指したい。そのための通過点としてこの2ヶ月があったのかもしれない… 

それでもガッツを身につける(地蔵を克服する)意味では、この2ヶ月の修行はムダでは無かったと思っている。

 

 

広告を非表示にする