地方・田舎在住で出会いがないと悩む非モテに捧ぐ、マッチングアプリ「タップル」の攻略法

こんにちは、アトムです。

久々のブログ更新となりますが、今回はマッチングアプリ「タップル」の攻略法をお伝えします。




結論から言います。


①タップルに登録します。

②プロフ写真は顔出ししているもの、していないものをそれぞれ登録します。

③プロフィールを適当に埋めます。

④顔出ししているメインの写真が承認されたら、それを削除します。
(すると顔出ししていない写真だけが残ります。)

⑤しばらくは無料会員でいてください。するとチャンスタイムが頻繁に訪れます。
チャンスタイムでは、30人に”いいね”を送ると100枚のカードがもらえます。
ただし、ここでじぶんのターゲット層に”いいね”を送ってしまうのを避けるため、
検索条件を〔他県〕にしたり、あるいは30歳以上の女性を対象にしてください。

⑥チャンスタイムを何度か経過し、カードをしこたま貯めます。

※なお、チャンスタイムのときにひたすら”イマイチ”をめくり続ければ、その地域・年齢の女の子の母数がおおよそわかります。アカウントの作り直しは何度でも可能なので、一度はこうしてじぶんの地域のターゲット層の母数を把握しておくと良いです。
ぼくの地域で登録している年頃女子は大体300~400人なこともあり、
「新規増えてきたなあ」とか「同じ子が何度も出て来るなあ」とかいろいろ情報収集につながります。

⑦目標のカード数(ぼくの場合であれば400枚)に達したら、検索条件をじぶんのターゲット層に合わせ、日曜か平日の夜21時頃に一気にカードをめくります。

⑧マッチした子に対して、テンプレのメッセージを送信します。

※奇をてらったメッセージを送らないと返信が来ないような相手は、そもそも写真で食いつきがないということなので、今のじぶんのかなう相手ではないと諦めましょう。
時間・費用対効果を高くできることがマッチングアプリの醍醐味であると肝に銘じましょう。

⑨メッセージのやりとりを通して、アポ(食事などの会う約束)を取り付けます。

⑩アポ当日までの間に、なるべく電話をしてお互いの安心感を築き上げます。

⑪アポ→ゴールインを目指します。

 

⑫一通りのアポを消化し、新規のマッチング率も悪くなってきたと感じたら、退会します。

※せっかくマッチした子とのつながりが途絶えるのが惜しくて、
「おれもう退会するからLINE教えて!」
などの捨て台詞でLINE交換を迫る必要はないです。一見、うまいやり方に見えますが、長い目で見たとき、またゴールから逆算したときにはメリットのある行動とは言い難いです。

⑬今回のマッチング率・アポ率を総括します。
マッチング率が悪いのは写真がイケてないから。アポ率が低いのはメッセージの内容・テンポの問題。


⑭イケてる写真の撮り方を研究するもよし、ファッションを改善するもよし。
プロフ写真の質を向上させる努力をしましょう。

 

⑮好きなタイミングで①に戻り、別の写真・プロフィールで再び戦場に赴きましょう。

 

以上です。





大切な事は、ひたすら効率を求めることです。

そもそも背伸びをしないと会話が続かないような子とは、会ってごはんを食べたり、さらにセ◯クスをするような間柄にはなれないので、あきらめて次に行くか、自分を鍛え直すことが得策でしょう。

マッチングアプリを行う目的はセ◯クス、もしくは経験値を積むという意味ではアポることにあります。

マッチ・LINE移行などのはそのための通過点に過ぎません。

したがって、とにかくLINEに移動したがる姿勢は悪手です。必ず見透かされます。

よしんばLINE移行出来たとしても死番化・アポのドタキャンとなるのが関の山です。

時間・費用対効果が高いからこそマッチングアプリをやるわけなので、勝てるかどうかわからない女の子相手に粘るより、勝てる相手に確実に勝ちに行くことが大切です。

ただし、
・いかに写真を盛るか
・メッセージのやりとりで気を付けるべきこと
・なるべくドタキャンを防ぐために
・会ってからの流れ

などなど、勝率をあげるための工夫がないわけではありません。

しかし、手法にこだわると、手法によって逆転できるのではないかという淡い期待が生まれ、損切りが遅れて、無駄なアクションが増えます。

じぶんのスト値(写真の盛れ具合)の限界を知り、より良いネトナンライフを送りましょう。